FUKUDEN COFFEE TEN|自家焙煎 福伝珈琲店

CONCEPT & DETAIL

CONCEPT

皆さまの至福の一杯のために、美味しいコーヒーを伝えたい。

品質の良い豆を選び、豆の個性が持つ素晴らしい風味特性を知ることが大切と考え、カッピングによりコーヒー豆の評価が出来るよう日々研鑽しています。

国際的なコーヒー鑑定資格SCAA/CQI認定Qグレーダーと、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)認定コーヒーマイスターの資格を保持し、専門的技能者としてカッピング評価をもとに、スペシャルティコーヒーを厳選しています。

日本スペシャルティコーヒー協会

ROAST

焙煎とは技術と科学の芸術

コーヒーは生豆に熱を加えることにより、豆の持つ様々な成分が化学変化を起こし、褐色化しコーヒーとして飲めるようになります。
日々の気候変化による気温や湿度を考慮しながら、生豆に熱をどう加えるかを考え、焙煎窯に火入れをします。豆の個性によって焙煎方法を変え、特徴を活かした様々な焙煎度合いにより香りや、甘味、コク、酸味等のバランスの良い、美味しいコーヒーの味を意識して仕上げています。

MATERIAL

使用焙煎機:DIEDRICH社製(アメリカ)

焙煎プロファイリングソフトCropsterを導入し、都度焙煎プロファイルを蓄積して安定した焙煎工程を行い、コーヒーの品質を高めています。

COFFEE

福伝珈琲店で扱っているコーヒー豆のご紹介です。

Original Blend

天明

江戸時代を通じて日光例幣使街道の宿場天明宿として栄えた佐野。その天明の名をつけた天明ブレンド。ビターな飲み口をベースに、ナッツ、フローラルな香りが楽しめるバランスのよいブレンドです。

MONTAGNA

山行時のコーヒーブレイクのおともに。深いコクと蜂蜜の様な甘味と少しの酸味があります。山登りの体に優しそうなブレンドです。

ROCK

深煎りで清涼感のあるブレンド。ICEやHOTにミルクを加えても相性が良い様にブレンドしました。

Single Origin

  • ETHIOPIA : Yirgacheffe G1 Natural Konga

    エチオピア南部イルガチェフ地区コンガ農協。YCFCU(Yirgacheffe Coffee Farmers Cooperative Union)に属するYirgacheffe地域の協同組合のネットワークのひとつです。
    1ヘクタールにも満たない零細農家の庭で栽培されるようなガーデンコーヒーです。
    収穫は家族単位の手摘みで行い、ナチュラル精製処理でアフリカンベッドにてゆっくりと15日間天日乾燥をして作っています。

    品種:
    イルガチェッフ地方独自の古くからの地場品種。
    特徴:
    イルガチェッフナチュラル特有のベリーやレモン、ベルガモットフレーバーなどが混在した濃密な果実味がマリアージュし、ボディ、甘味もしっかりしていて円熟な味わいがあり、芳醇なワインを思わせます。
  • BRAZIL : Tomio Fukuda Mundo Novo Dried On Tree

    ミナスジェライス州セラード地区パストデミナス、ファゼンダ・バウー農園。
    摘み採られる間際までたっぷりと栄養を吸収して、甘味をため込むまで樹上で完全乾燥させます。樹上で乾燥し、ため込まれた甘味は、木製貯蔵庫でドライチェリーのまま寝かせることで熟成されるのです。

    品種:
    ムンドノーボ
    特徴:
    熟成された甘味とコクが感じられます。ナッツやチョコレートの風味があり、後味はすっきりとしています。
  • COSTA RICA : Dota Tarrazu, Washed , Los Angeles Micro Mill, Las Flores Estate

    コスタリカのスペシャルティコーヒーの産地であるドタ・タラス地域、サンタ マリア デ ドタ地区ラスフローレス農園。
    ロスアンヘレス・マイクロミルの20代のカルデロン兄弟が情熱を込めてコーヒーを生産しています。世界中のマイクロロースター向けに高い品質のコーヒーを提供し、COE入賞の常連になっています。2011年、2018年には1位入賞を果たしています。

    品種:
    レッドカツアイ・カツーラ
    特徴:
    熟したオレンジの様なジューシー感とさわやかな酸、質感のある口当たりと甘みとコクが楽しめます。
  • KENYA : AB Kirinyaga Nguguini Factory

    ケニヤ山南部の傾斜地にあるキリニャガ地区のキビリグウィ協同組合(FCS)。
    メンバーである約810の小規模農家によって栽培されています。
    農家は熟した最も赤いチェリーを厳選、手摘み収穫し同じ日に、ググイニ ファクトリーにて精製処理を行い、アフリカンベッドにて天日乾燥をします。
    年間を通じてさまざまなロットで複数の賞を受賞しており、ケニアの新しいクロップコーヒーに関しては「注目すべき賞」として広く認められています。

    品種:
    SL28とSL34が主要で一部Ruiru11
    特徴:
    フローラルな香りと、カシスやレッドグレープフルーツのような柑橘の酸味に甘さとコクが感じられます。
  • HONDURAS : Santa Rosa,Washed RainForestAlliance

    ホンジュラス西部コパン県の中心都市Santa Rosa近郊。
    コパンは標高が1,250~1,300mの高地に位置しています。
    品質管理、農業技術の指導、生産者への啓蒙活動を通じて品質の向上を追求し、
    認証プログラムを通じて付加価値、高品質コーヒーを目指しています。

    品種:
    カティモール、カツアイ、カツーラ
    特徴:
    プラム、ブラックベリー、マンダリンオレンジの様な優雅な香りと甘み、ボディがあります。程よい酸味とビターチョコレートのような苦み、またベルベッティーな舌ざわりが感じられると思います。

*コーヒー豆の品種は時期によって取扱種類が変わる場合があります。